3行でまとめた速報

仮想通貨・株式投資・経済ニュース・副業情報など、気になる話題を【3行で】わかりやすくまとめて速報していきます。

    仮想通貨・株式投資・経済ニュース・副業情報など、気になる話題を【3行で】わかりやすくまとめて速報していきます。

    仮想通貨


    『ロシア当局、仮想通貨を禁止へ!?可能性を検討』


    ロシア連邦中央銀行ロシアれんぽうちゅうおうぎんこう、ロシア語: Центральный банк Российской Федерации)は、ロシア中央銀行。本店はモスクワにある。ロシア銀行ロシアぎんこう、ロシア語: Банк России)とも呼ばれる。現在のロシア
    11キロバイト (1,364 語) - 2021年3月11日 (木) 12:52



    ①ロシア中央銀行の総裁が、仮想通貨への投資は歓迎できないと発言

    ②犯罪性のある事業に使われることが多く(マネーロンダリング含む)、警戒中。

    ③来年には方針を決定する意向?

    ただ、国内でも当然意見は割れていて、財務副大臣は「禁止の予定は無い」って言ってる。
    どうなることか。。

    【『ロシア当局、仮想通貨を禁止へ!?可能性を検討』】の続きを読む


    『仮想通貨でゲーム内取引が可能に!上場企業ネクソンが注目の取り組みを発表!』


    ※ソフトマックス開発、後に開発をネクソンGTに変更 メイプルストーリー ※Wizet Studio(英語版) (第1本部) が開発 マビノギ ※devCAT Studio (第3本部) 開発 アラド戦記(2009年3月4日にハンゲームより移管) ※Neopleが開発 (後に子会社化) エルソード(チャリングサービス。実際の運営はKOG←ハンゲーム)
    35キロバイト (4,407 語) - 2021年12月8日 (水) 11:50



    ①オンラインゲームの老舗である「株式会社ネクソン」が、
     暗号資産(仮想通貨)によるゲーム内アイテムの購入に対応することを発表した。
    ②『メイプルストーリー』、『カートライダー』、『マビノギ』、『V4』などの多くのゲームタイトルで対応
    ③なおネクソンは、自社が保有しているビットコインと今回の取り組みが関係ないことをリリースにて強調している。

    【『仮想通貨でゲーム内取引が可能に!上場企業ネクソンが注目の取り組みを発表!』】の続きを読む


    『ヘリウムマイニングは詐欺!?無料で毎月コインが貰える怪しい仕組み』


    という暗号通貨採掘機器販売ウェブサイトの所有者であった。彼はデータセンターの機器で採掘を行う「クラウドマイニング」を隠れ蓑に綿密なねずみ講の企てを首謀した。彼は hashlets というクラウド採掘者が Zenportal というクラウドにおいて暗号通貨を採掘していると称したが、実際には暗号通貨
    52キロバイト (6,982 語) - 2021年12月6日 (月) 02:20



    ①自宅に小型の機械を設置して(無料レンタル可能)、電波を発信し5Gを形成する
    ②ネットワークに参加する報酬として、ヘリウムコインが毎月もらえる
    ③仕組みも、コインも本物だけれど、第三者が「ヘリウムマイニング」を騙って詐欺をする可能性も。

    マイニング系投資は詐欺が多いので、きちんと見極めて、正しく投資をした方が良いね!

    【『ヘリウムマイニングは詐欺!?無料で毎月コインが貰える怪しい仕組み』】の続きを読む


    『イーサリアムの時代が到来!?今後の価格予想』



    ①全体的に軟調が続く仮想通貨
    ②DefiやNFTでイーサリアムの実用的な使い方が広がり、個人投資家によるETHに対しての資金流入が増えている
    ③今後も勢いが続けばテクニカル的に6773ドルを目指せる?
    ※記事投稿時点では4068ドル

    私はレバレッジ10倍で放置してます!

    【『イーサリアムの時代が到来!?今後の価格予想』】の続きを読む


    デジタル通貨 > 暗号通貨 > イーサリアム イーサリアム(英: Ethereum)とは、分散型アプリケーション (DApps) やスマート・コントラクトを構築するためのプラットフォームの名称、及び関連するオープンソース・ソフトウェア・プロジェクトの総称である。イーサリアム・プロジェクトによって開発が進められている。
    24キロバイト (2,790 語) - 2021年12月10日 (金) 14:45


    ・コロナ禍の不況に耐える手段として、アメリカで「量的緩和」実施
    ※量的緩和=中央銀行が債権を買い漁って、市場にお金を流す事
    ・リスクが高いと考えられていた仮想通貨は量的緩和の恩恵もあり、コロナ禍で大きく高騰する。
    ・量的緩和の縮小(テーパリング)発表により、仮想通貨全体の下落が見込まれる?

    【『イーサリアム下落、3000ドルを下回る!?』】の続きを読む

    このページのトップヘ